この記事は最終更新日から95日が経過しています。
情報が古くなっている可能性がございますのでご注意ください。

交換業者認定済の取引所「Zaif」を1週間使ってみて感じたことを書いてみる

なぎ
Zaifに5万円を入金してから1週間が経ちました。

Zaifを簡単に紹介

Zaifとは大阪に本拠地を置く、テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所のことです。
Zaif仮想通貨交換業者として近畿財務局に登録が完了して、正式に営業を開始しています。

Zaifの特徴として、私がよく目にしたのは、モナコイン(MONA)の取り扱いをしているっていう点ですね。
私自身はまだモナコインに投資していませんが、今後取引する可能性もあるので、モナコインについても今後勉強していきたいと思ってます。

もう一つの特徴は、取引手数料(一部)が、無料を超えてのマイナスという点ですよね。
これはビットコインの取引に限定されるみたいなのですが、取引をすればするほどボーナスが貰える仕組みです。
微々たるものかもしれませんが、塵も積もればなんとやらですね!

補足

マイナス手数料は期間限定のようなので、記事をみてるときは終わってるかもしれないので、ご注意ください。


Zaifの新規口座開設はこちらから

紹介ボーナスを私にあげたくないよって方は、こちらからどうぞ(^^)/

Zaifで新規口座を開設するときに感じたこと

Zaifの口座を開設するために、新規登録と本人情報の入力を行ったのが、1月31日

Zaifから手紙が届いたのが、2月5日
Zaifに初めて入金したのが2月8日
なんで、手紙が届いてから入金するまでに3日も空いてるのかは自分にもわかりません。というか、忘れただけです。
なんで3日も空いてんだ??

私の場合は、申請をしてから取引可能になるまで5日間ですが、これは他の方のブログなどを見た感じだと、早い方なのかな?と思ってます。
ちらほらと、10日以上かかった方もいたみたいなので。
まあ、そこら辺は住んでるところや、Zaifの忙しさなどにもよると思うので、人それぞれとしか言えませんが、あまりに遅いときは住所間違いを疑ってみたり、お問い合わせしてみるのがいいでしょうね。

POINT

口座を開設するには、本人確認などの必要性から時間がかかることがほとんどですが、今回Zaifの開設では個人的には早かったかなと思ってます。
手順説明なんかも簡単で分かりやすかったので、私は満足しています。

Zaifの新規口座開設はこちらから

紹介ボーナスを私にあげたくないよって方は、こちらからどうぞ(^^)/

取引を始めてみて感じたこと(メリット)

メリットとして挙げられる点は、何と言っても取引手数料がマイナスっていう点ですね!

現物取引におけるビットコインの取引手数料がボーナスな点について

現物のビットコインと日本円の取引に限定されますが、maker手数料が-0.05%、taker手数料が-0.01%という、衝撃のマイナス手数料なんですよね。

maker手数料

板に注文を並べる際の手数料
詳しく説明すると、買ったり売ったりするときに、現在の価格よりも得する価格を設定指値注文)して、その価格で約定した場合に発生します。

taker手数料

並んだ注文を消費する際
詳しく説明すると、板に並べられている注文を選択して注文して、それが約定した場合に発生します。

私がZaifを開設した理由がこれといっても過言ではないほど、お金を持っていない私にはうれしい(笑)

毎日結構頻繁に取引していれば、1日100円くらいはボーナスでもらえますね。
これが安いと考えるかありがたいと考えるかは人それぞれですが、私は手数料は普通取られるものだと思ってたので、とてつもなく助かっています。
塵も積もればなんとやらですね。

いつか、このボーナスで得た額を見返して、ニヤけたいものですね( ´∀` )

手数料に関する詳しいことは公式サイトのページを見てくださいね。

Zaifの新規口座開設はこちらから

紹介ボーナスを私にあげたくないよって方は、こちらからどうぞ(^^)/

取引を始めてみて感じたこと(デメリット)

取引を続けていくうちに感じたデメリットは私にとっては結構重要な
スマホアプリが鬼使えない!
という点ですね。

スマホアプリが鬼使えない点について

スマホアプリは自分も含め怠け者の多い現代社会において若者の利便性を飛躍的に向上させるマストアイテムだと思います(笑)

おそらくですが、これは取引をするためのアプリとしては、作られておらず、使わない分の通貨を保管しておくためのウォレット(財布)として開発されたものなんじゃないかなと、個人的には思ってます。

補足

ひとつの取引所にすべての資産を預けていることは、大変危険ですのでやめましょう。
コインチェックのようにいつ流出して、資産を失うかわかりません。
仮想通貨の世界は自己責任になりますので、気を付けましょう。
失ったあとでは意味がありませんからね。
以下にカズトさんの行った投票の結果を勝手に貼らせてもらいます。(怒られたら消します)

アプリの使いずらかった点をいくつかあげますね。

  • 取引所とは別のウォレットが新規で作成される
  • アプリとして取引が行えるのは5種類のトークンのみ
  • 結局、毎回ログインしないといけない

この3つが気になった点なのですが、仮想通貨の取引所のアプリとして最低限必要な項目として、

1.ログイン方法がある一定のセキュリティを保ったうえでの簡略化(指紋認証やパスコードなど。メールアドレスまで入力させるのはナンセンス)
2.見やすい、見にくいに関係なく素早くチャートを見ることができること
3.主要通貨の取引をスマホで完結させる

この3つは、最低必要だと思うんですよ、仮想通貨の値動きは早いですし、、。

ですが、Zaifのアプリでは、ホームページのサイトをアプリ内に表示しているだけであって、これならサイトをホームに追加していれば問題ないわけであって。
今のままでは使い道がないですね。
私も基本的にはパソコンで取引していますが、外にいるときはスマホから見ているので、アプリが改善されたらもっと仮想通貨にのめり込むような気がします。
それが良いのか悪いのかは私には分かりませんが(笑)

次に気になったのは、サーバーが弱いのか、注文が頻繁に通らなくなることがある点ですね。

注文が頻繁に通らなかったり、遅延したりする点について

これについては、TwitterやZaifのチャットなんかでもよく見かけるんですが、注文が集中したときに、サーバーに負荷がかかってしまうからなのか、注文が通らなかったり、遅延して注文されたりということがよくあるようです。

実際に、私もこの1週間で5回は注文がなかなか通らなかった経験をしました。
みなさんはよくあるようで、「またか」的なノリでしたが、始めたばかりの私にとっては、結構焦りました。

これに関しては、Zaifひいてはテックビューロさんに頑張っていただきたいですね。

デメリット最後に、私個人としては大きなダメージであり、さっきの注文が通らない件にも関連することなのですが、信用取引のことです。

信用取引のリミットが正常に動作しない点 & 貸付残高の上限到達が早すぎる点について

信用取引に関しては、意見が分かれそうですが、私は原資が少ないので、多少のリスクは承知でチャレンジしています。
人生何事もチャレンジしてみなければ始まらないと思ってるので。
損したときのことはその時考えればいいんですよ。

そこで、この1週間で7回ほど信用取引(買い・売りともに)を使ってみたんですが、まず頻繁に貸付残高の上限到達が早すぎます。
安いときに買って、高いときに売りたいという心理から、みんなが一斉に注文するのはわかりますが、いくら何でも早すぎる気がします。
注文しようとしたら5割くらいの程度ではじかれてるような気がします。

次に、信用取引のリミット機能が正常に動作しないことがありますね。

補足

リミットとは、損が膨らんだ場合に、損益をそれ以上膨らませないために、予めボーダーラインを自分で決めておくことの出来る機能のことです。

この機能が、正常に動作しないために、決めていたボーダーラインよりも大きく遅れて約定されてしまい、予想以上の損益を出してしまうことがあります。
私も、この1週間で1度だけ経験しました。

これに関しては、本当にいつになったら約定されるのか心配で仕方がありませんでした。
今回はそこまで被害を被らなかったので良かったですが。

これらの件はやはりサーバーが弱いからなのでしょうかね、、。
ネットの意見でもよくサーバーが落ちるなどの意見を見かけますし。

お金を扱っている以上、セキュリティとサーバーの強化に関しては、最重要項目だと思うんですけどね…
まあ、なんにせよ今後のZaifの動向に期待ですね!

Zaifの新規口座開設はこちらから

紹介ボーナスを私にあげたくないよって方は、こちらからどうぞ(^^)/